その他のページ

その他の情報ページです。

その他記事一覧

クラシック音楽のなかでも抜群の知名度を誇る「交響曲」。交響曲とは、管楽器や弦楽器などの楽器のみで演奏される器楽曲の1種「管弦楽」に分類されるクラシック音楽のことです。交響曲は、クラシック音楽のコンサートのなかで、もっとも演奏機会の多いジャンルの音楽のため、いまではクラシック音楽の代名詞となっています。交響曲の特徴交響曲とは、管弦楽器や打楽器の編成による管弦楽団「オーケストラ」によって演奏される多楽...

代表的なクラシック音楽のひとつ「管弦楽曲」。管弦楽曲とは、指揮者のもと弦楽器や管楽器、打楽器を演奏する音楽のことであり、馴染みのある言葉で表現すると「オーケストラ」となります。管弦楽曲の特徴管弦楽曲とは、管弦楽曲は、楽器のみで演奏する音楽「器楽曲」のうち、指揮者のもと弦楽器が奏でるメロディーを主体に管楽器や打楽器の音色を加えて演奏される楽曲のことです。管弦楽曲は、・交響曲・協奏曲・交響詩・序曲・組...

オーケストラをバックにソリストが優雅で華麗な演奏を繰り広げる「協奏曲」。協奏曲は、管弦楽曲のなかでも一段と華やかな舞台として、クラシック音楽愛好家たちのあいだでも高い人気を誇っています。協奏曲の特徴協奏曲とは、オーケストラと「ソリスト」と呼ばれる独奏者または独唱者が競演する器楽曲のことです。オーケストラをバックに卓越した華麗なるテクニックでヴァイオリン、ピアノ、フルート、ホルン、チェロなどの楽器を...

管弦楽曲のなかで、もっともクラシック音楽を身近に感じられる「室内音楽」。室内楽曲とは、大規模な人数編成のオーケストラとは違い、25人以下の小規模な人数編成の管弦合奏のことです。海外では、「Chamber music (チェンバー・ミュージック)」と呼ばれています。室内楽曲は、劇場などで演奏することを目的としておらず、宮廷や教会の広間といった小さな空間で演奏するために生み出された少数楽器による重奏の...

クラシック音楽の演奏形式のなかでもトップクラスのジャンル数を誇る「器楽曲」。器楽曲とは、人の声を一切用いることなく、楽器のみで演奏を行う音楽のことであり、主に管弦楽曲や室内楽曲、吹奏楽などの演奏形式がこれに当てはまります。ただ、器楽曲の狭義では、ピアノなどの独奏楽器のための独奏曲のことを指すことが多いため、人によっては管弦楽曲や室内楽曲などと区別されることもあります。器楽曲の特徴器楽曲とは、声楽曲...

楽器のみで演奏される「器楽曲」と対を成す「声楽曲」。声楽曲とは、歌曲やオペラ、カンタータなど、人の声による音楽のことです。声楽曲では、たびたび楽器伴奏が加わることがありますが、これは楽器の音色だけでは表現することができない人間の悲哀感や悲壮美、崇高美などを人の声によって表現することで、作曲者が作品に込めたメッセージや物語を直接肌で感じてほしいという願いが込められています。声楽曲の特徴クラシック音楽...

演劇と音楽によって物語が展開してゆく舞台音楽「オペラ」。日本では「歌劇」と呼ばれ、多くのクラシック音楽愛好家たちのあいだで親しまれています。芝居とは違い、歌によって物語が進んでゆくオペラは、劇中のたわいもない日常会話にまで伴奏をともなう歌で表現されるため、オペラを聞き慣れていない方にとっては、ちょっぴり不自然に感じるかもしれません。ところで、なぜオペラの多くが、会話と歌を分けて物語を進めていかない...

クラシック音楽をより楽しむためには、クラシック音楽に対する知識を深めることですがポイントとなるのですが、クラシック音楽の歴史は、非常に膨大であり、その全体像を知ることは安易なことではありません。そこで、クラシック音楽にあまり詳しくない方でも、心の底から音楽を楽しむために、ぜひとも予備知識として得ておきたい音楽史についてご紹介します。バロック音楽クラシック音楽では、古楽のひとつでもある「バロック音楽...

これまでのクラシック音楽の常識を覆すような型破りな「現代曲」。現代音楽以前のクラシック音楽は、長調や短調による一定の音階に基づいて旋律が作られ、一定の和音の動きによって曲が進んでゆくため、とても統一感のある心地の良い音楽でした。これを「調性」と呼ぶのですが、現代音楽では、調性をはじめとする従来のクラシック音楽様式を否定し、まったく新しい精鋭的な無調の音楽が主流となっています。現代音楽の特徴現代音楽...

トップへ戻る